STAFF

スタッフ紹介 STAFF

Roberto Montenegro & LAM(ロベルト・モンテネグロ&ラム)

Robertoは、俳優として映画やCMに出演する傍ら、タンゴに出会い、数々のマエストロに師事。CETBA(ブエノスアイレス・タンゴ・エデュケーティブ・センター)、ACETA(アルゼンチンタンゴ・スタイルアカデミー)でタンゴ理論、ディンセルメソッドや歴史を習得し、ダンス教師の資格を得る。繊細で独特なカデンシア(歩きの波)を持つ「歩き」は、故オスバルド・ソットにも絶賛され、ブエノスアイレスの往年のミロンゲーロたちから「トラディショナルなタンゴを引き継ぐ若手の一人」として認められ、数々のエキシビジョン、ショウに出演。趣味は、マイケルジャクソン!レアなレコードやグッズを世界中で集めることが密かな楽しみ。日本のシュークリームが大好きで、朝ごはんはコーヒーとシュークリーム。

LAMは、タンゴ習得のため幾度も本場アルゼンチンに渡ったのち、2005年から東京でタンゴダンサーとして活動を開始。プロデビュー後、わずか2年でタンゴダンス世界選手権アジア大会ステージ部門で優勝し、日本を代表するタンゴダンサーとなる。のち、10年間ブエノスアイレスに拠点に世界各地でワークショップやデモを行い、2018年帰国。2008年、タンゴダンサーとして初めて『文化庁新進芸術家海外留学制度』の研修員に選ばれ、ブエノスアイレスへ1年間のタンゴ国費留学をおこなう。ナタリア・ヒルズ、カルロス・ペレスらの伝統的なタンゴを伝えるマエストロ達に師事。趣味は、長風呂、2時間は湯船に浸かれる特技あり。2018年日本に帰国したが、その風貌から「日本語が上手いね!」と褒められる関西人。

<主な受賞歴>
・2009年世界選手権ビセンテ・ロペス大会:サロン・タンゴ部門 優勝 / ミロンガ部門 優勝
・2009年 タンゴダンス世界選手権:サロン・タンゴ部門 5位
・2010年ブエノスアイレス市タンゴダンス選手権:サロン・タンゴ部門4位 / ミロンガ部門5位 / ワルツ部門5位

Hiromi & Natsu (ヒロミ&ナツ)

2004年からパレハとして活動を開始。Hiromiは延べ3年、Natsuは延べ2年と、共にアルゼンチンへ長期間のタンゴ留学を経験。グラン・マエストロ “カルロス・ペレス&ロサ・ペレス”の指導のもと、タンゴサロンの基本を徹底的に修学。他にも、“トト・ファラルド、“ダニエル・ナクーチョ&クリスティーナ・ソーサ” 、“セバスチャン・アチャバル&ロクサーナ・スアレス”といった伝統的タンゴサロンを継承するマエストロに師事。 修学中にエントリーしたアルゼンチンの3つの選手権すべてでファイナリストとなり、現地のメディアからも「アルゼンチン人よりアルゼンチン人らしいタンゴを踊る」と称賛される。

Hiromiは延べ3年タンゴ留学。2001年タンゴに出会い魅了され、翌年2002年ブエノスアイレスに渡る。2003年帰国後TV、 CM、雑誌等、多数のメディアに取り上げられ出演。日本を代表するタンゴミュージシャン・小松亮太のツアーでステージに立つ。2004年にNatsuとの活動を開始。2009年伝統的なサロンタンゴ学びに再び渡亜。滞在中は世界大会をはじめ、ブエノスアイレスの様々な選手権で高い評価を受ける。

Natsuの趣味は、「お酒」「スポーツ観戦」。お酒を飲みながらスポーツを観戦することが至高の時であり、大声を出して応援しては、周りに迷惑をかける。Hiromiの趣味はカフェ巡り。1人自由気ままにのんびりした時間を満喫すること♪

<主な受賞歴>
・2009年 タンゴダンス選手権アジア大会:サロン部門 第3位
・2010年 タンゴダンス選手権ブエノスアイレス大会:サロン部門 ファイナリスト
・2010年 タンゴダンス世界選手権:サロン部門 ファイナリスト
・2010年 コンチネンタル・インテルナショナル・タンゴダンス選手権:ファイナリスト
・2011年 タンゴダンス選手権アジア大会:サロン部門 第3位 ※日本人最高位
・2013年 タンゴダンス選手権アジア大会:サロン部門 優勝

Yutaka & Miki(ユタカ&ミキ)

Yutaka は高校時代男子新体操の選手としてインターハイ団体4位、高校選抜 団体準優勝、全日本Jr.選手権 団体優勝など、活躍したあとダンス界に転向。バレエ公演、ミュージカルなどに出演後ペアダンスを始める。特技は180度開脚、趣味は読書。

Mikiはシアタージャスダンサー、テーマパークダンサーを経て講師、振付、演出等で活動。その後舞台公演でペアを組んだYutaka とスゥイングのペアを組みペアダンスを始める。ペアダンスのチームに所属し、シアターアーツを含め様々なペアダンスで舞台に立つ。2010年以降アルゼンチンタンゴだけに絞りYutaka&Mikiとして活動。 特技は子供と遊ぶこと、趣味は料理

<主な受賞歴>
・2017年 タンゴダンスアジア選手権 ステージ部門 優勝
・2018年 韓国大会 ピスタ部門 準優勝

Mac

ダンス経験は全くなかったものの、仕事絡みで社交ダンスを始め、その後、50歳でアルゼンチンタンゴに出会い、のめり込んでいった。アルゼンチンタンゴを始めたと同時にアルゼンチンタンゴ、社交ダンス、サルサのイベント情報WEBサイトを立ち上げ、コミュニティサイト『クラブパーティナビ』をプロデュース。
2011年よりHiromi&Natsuに師事し、国内外問わず積極的に選手権に参加。Macという名前は、本名ではなく、アルゼンチンタンゴを始めた当時、飼っていた犬のミニチュアシュナウザーの名前からとったタンゴネームである。大学時代は、基礎スキーサークルに所属し、SAJ1級を取得。競技会へも参加していた。

<受賞歴>
・2015年 ソウル・メトロポリタン・タンゴ選手権 ワルツ部門 4位
・2016年 ソウル・国際タンゴフェスティバル タンゴ選手権 3位入賞
・2017年 第三回 東京タンゴマラソン選手権 優勝
・2017年 タンゴダンスアジア大会 7位(日本人最上位)

MARI

器械体操やコンテンポラリーダンス、フラメンコなどを経て、2009年、アルゼンチンタンゴに出会う。 2017年ブエノスアイレスへ留学。 帰国後は、東京や上海のイベントにてパフォーマンスを行い、2018年7月より、再び単身ブエノスアイレスへ渡り、パフォーマンスやショーに出演。大会にも積極的に参加し、2度優勝。サロンタンゴだけでなく、エセナリオも学び、タンゴの幅を広げた。 2019年12月一時帰国、東京各地やオンラインにてグループレッスン、プライベートレッスンを受け持つ。 大きな決断は早いが、小さな決断は時間がかかる。 小学生の頃からの肉嫌いがアルゼンチンの美味しいお肉を食べて以来、肉好きへとシフト。

〈受賞歴〉
・2016年 ソウル・国際タンゴフェスティバル タンゴ選手権 3位
・2017年 第三回 東京タンゴマラソン選手権 優勝
・2018年 香港タンゴフェスティバル選手権 タンゴ部門 3位
・2019年 Bailar…y nada mas 選手権 タンゴ部門 優勝
・2019年 Bailar…y nada mas 選手権 ミロンガ部門 優勝
・2019年 ボエド選手権 3位

Maiko

2013年に初めてアルゼンチンへ行きサロンタンゴに魅了される。帰国後、横浜方面でオーガナイザーやDJ、エキシビションを行う。2017年にはアルゼンチンにて巨匠オフェリア・ロシートに出会い、さらに社交場としてのミロンガに興味をもつ。近年ではアジア方面のミロンガにも行動範囲を広げている。趣味は映画観賞!一年に100本の映画を見るのが自分のルール!!

〈受賞歴〉
・2019年 香港タンゴフェスティバル選手権 シングル部門 優勝

ケニー

パリに滞在中のある夏の日、セーヌ川沿いの広場で、とても温かい雰囲気のダンスパーティに偶然出会う。様々な人種の老若男女の方々が作るそのステキな空間は、 旅の間ずっと探し続けていた何かだと思い、この空間を広めるひとりになりたいと思いました。それがタンゴです。タンゴを通じてできる社会貢献活動としてNPO法人タンゴセラピー協会の一員として運営を行いながら、タンゴ講師、そして介護職も現職としています。夢は「タンゴで世界平和!」。介護福祉士。

利幸&菜穂子(トシユキ&ナオコ)

利幸は東京バレエ団に10年間所属した元バレエダンサー。 世界的に有名な振付家 故・モーリス・ベジャールの作品『ボレロ』 『ザ・カブキ』 などのメンバーとなり、日本全国・世界13カ国をバレエ公演で周る経験を持つ。 世界三大劇と呼ばれる「パリ・オペラ座」、「ミラノ・スカラ座」、そしてブエノス・アイレスの「テアトロ・コロン劇場」で踊った経験を持つ。 2002年よりアルゼンチンタンゴを桑原和美に師事。 2008年9月から1年間、アルゼンチン・ブエノスアイレスにタンゴ留学。 2009年よりタンゴ・プラネットを主宰。横浜を中心にレッスンや舞台、様々なイベントで活躍。

2015年 妻の菜穂子と活動を開始。横浜をはじめ銀座タンゲーラ、日本タンゴ・アカデミーなどでタンゴ講師をする。趣味は、東京湾でのアジ釣りや料理などでリフレッシュ。横浜ベイスターズを応援している。

〈受賞歴〉
・2012年 タンゴダンス選手権アジア大会 ステージ部門 第3位
・2013年 タンゴダンス選手権アジア大会 ステージ部門 第4位

Ryoko

夢を追いかけてNew Yorkへダンス留学中、椎間板ヘルニアでダンスを断念。 何年も治らず苦しむ中にタンゴに出会い、タンゴに癒され夢中になる。 タンゴの技術向上の為に始めたピラティスを通して、腰痛、椎間板ヘルニアも改善されギックリ腰とは無縁に。 帰国後ピラティスインストラクター/ムーヴメントセラピストになる。 ピラティスに加えVFP(※1)脈管系ファシリテーションプロセスを通して、 自身も今まで何年も感じたことのなかった身体の細部までの感覚を得ることができるようになる。 この感覚を一般の方々、タンゴの先生や生徒さん方に提供していくうちに、 みなさんの驚くほどの変化、向上を日々見せていただいています!

〈主な資格〉
・Stott Pilates Mat
・PLC(ピラティスリーダーシップコンセプト by Marie-Jose Blom)
−コアインテリジェンス  ーマット&イクイップメント  ーチェアースマートスパイン
・フュージョンピラティス(産前産後のケア&コンディショニングBy Jennifer Gianni of Fusion Pilates)
・※1:vascular Facilitation Process(VFP)脈管系ファシリテーションプロセス(Apprentice Movement Therapist)基礎課程(下肢編および上肢編)修了

間々田佳子

タンゴダンス世界選手権アジア大会優勝経験をもつ顔ヨガ講師。 自身の経験から、たるみ顔・老け顔、コミュニケーション能力不足は「顔の運動不足」が原因だったと気づき 『顔を動かすだけで顔は変わり人生は好転する!』と伝えている。 最近は、「子ども顔ヨガ」「脳活顔ヨガ」「顔のラジオ体操」など、新しいメソッドを多数発表。 著書 は15冊累計55万部を突破。「行列のできる法律相談所」「金スマ」などのテレビや雑誌、企業での講演等で活躍中。